入会方法

紀要投稿規定


2019年度秋季大会案内・発表要旨

[PDF]
日本モンゴル学会
2019年度秋季大会案内

仲秋の候、会員の皆様には益々ご健勝のことと拝察いたします。
さて、本年度秋季大会を下記のとおり開催いたします。ご同学お誘いあわせのうえ、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

日 時 : 2019年11月23日(土) 午後1時00分~午後5時55分
場 所 : 公立小松大学 中央キャンパス3階 305,306講義室
(会場への交通アクセス、キャンパスマップにつきましては、本状末尾をご覧下さい。)
交通アクセス、キャンパスマップ

内  容

総合司会:塩谷サルフィマクスーダ(公立小松大学)
開会の辞 (会長) (13:00-13:05)
あいさつ 山本博(公立小松大学学長)(13:05-13:10)

第1部 講演と研究発表
司会:松川節(大谷大学)
1.R.オトゴンバータル(Rinchinsambuu Otgonbaatar, モンゴル科学アカデミー言語文学研究所)
講演:「イシバルダン著『エルデニーン・エリヘ』のモンゴル語とチベット語の異本について」[要旨](13:10-13:50)
2.加藤俊伸(桜美林大学)
「モンゴル工学系高等教育における研究室教育支援の効果」 [要旨](13:50-14:20)

休憩
(14:20-14:35)

第2部 研究発表
司会:フフバートル(昭和女子大学)
1.巴徳瑪(Badma, 内モンゴル大学)、松岡雄太(関西大学)
「ホルチン方言の補助動詞「γar(γa)-」の意味と使用制限について」[要旨](14:35-15:05)
2.那日蘇(Narisu, 千葉大学)
「モンゴル語の第三人称所属語尾niの用法について」 [要旨](15:05-15:35)
3.道日娜(Daorina, 東京外国語大学)
「モンゴル人大学生と就職-内モンゴルフフホトでの調査を中心に」[要旨](15:35-15:35)

休憩
(15:35-16:20)

第3部 研究発表
司会:窪田新一(大正大学)
1.小林秀高(拓殖大学北海道短期大学)
「モンゴルにおける汚職と政治制度」 [要旨](16:20-16:50)
2.白那日蘇(Bayaγud Nars, 神戸大学)
「蒙疆政権下の蒙古軍における漢人部隊の移管」 [要旨](16:50-17:20)
3.張小栄(Zhang Xiaorong, 東北大学)
「「満洲国」の民族教育における「民族協和」と汎モンゴル主義」 [要旨](17:20-17:50)


閉会の辞(副会長)(17:50-17:55)


◇ 日本モンゴル学会事務局
 〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 東京外国語大学青木雅浩研究室気付
 Tel.042-330-5297 / E-mail:monglstd@yahoo.co.jp
◇ 公立小松大学中央キャンパス(会場)
 〒923-0921 石川県小松市土居原町10-10(こまつアズスクエア2・3階)
 Tel:0761-23-6600

◇ 大会終了後,18:00より公立小松大学中央キャンパス1階「プロント」にて懇親会を開きますので,会員の皆様の多数のご出席をお願いいたします。(懇親会費4,000円、留学生は3,000円を予定) 

*年会費のご納付もお願い申し上げます(一般4,000円,学部学生2,500円)。


◇ 大会会場へのアクセス
公立小松大学中央キャンパスへの交通アクセス
(https://www.komatsu-u.ac.jp/campusguide/access/)
 小松駅まで電車で
  東京方面から 北陸新幹線利用:金沢経由で約2時間50分
*北陸新幹線は、台風の影響で運行に支障がある可能性がございます。
         東海道新幹線利用:米原経由で約4時間
  大阪方面から 特急サンダーバード利用:約2時間10分
  名古屋方面から 特急しらさぎ利用:約2時間10分
 小松空港まで飛行機で
  羽田空港から 約1時間5分 小松空港から小松駅まで自動車・バスで約12分
小松駅より徒歩約1分

公立小松大学中央キャンパスのキャンパス内マップ
(https://www.komatsu-u.ac.jp/campusguide/campus-map/#cyuo)
 大会会場は3階の305、306講義室です。
(https://www.komatsu-u.ac.jp/common/images/campus-map_cyuo.pdf)