入会方法

紀要投稿規定

日本モンゴル学会コラム

日本モンゴル学会コラム欄の試験運用 南モンゴル・オルドス新発見の突厥文字岩壁碑文についての速報 大阪大学総合学術博物館第24回企画展 「なにわ町人学者の東洋学 石濵純太郎展」のお知らせ モンゴルでの新発見の突厥碑文速報 ジョルジ・カラ先生の思い出 国立民族学博物館:日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展『邂逅する写真たち―モンゴルの100年前と今』のお知らせ 本学会の英文データベースが公開されました 「バーチャル・カラコルム」の都市・建築景観の復元について 匈奴の「龍城」発見のニュース 中国のモンゴル語教育の危機 梅棹忠夫生誕百年記念企画展「知的生産のフロンティア」 

2015年度秋季大会案内

[PDF]
日本モンゴル学会
2015(平成27)年度秋季大会案内

秋冷の候、会員の皆様には益々御健勝のことと拝察いたします.
さて,本年度秋季大会を下記のとおり開催いたしますので,御同学御誘い合わせの上,御出席くださいますようお願い申し上げます.

日時 : 2015 (平成27) 年11 月21 日(土) 13 時~17 時30 分
場所 : 国立民族学博物館 2 階 第5 セミナー室 (同封の案内図参照)

内 容
開会挨拶 : 会長 橋本 勝 (13:00-13:05)

研究発表 (13:05-17:30)

セッション:現代モンゴル牧畜の多様性 (13:05-14:45)
セッション代表者趣旨説明 (13:05-13:10)
1.尾崎孝宏(鹿児島大学法文学部)
「モンゴル高原における牧畜戦略の地理的差異」 (13:10-13:30)
2.上村明(東京外国語大学)
「ポスト社会主義以降のモンゴル国の牧畜経営」 (13:30-13:50)
3.辛嶋博善(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター)
「近年における牧畜社会の居住単位の規模と構成の変化について」 (13:50-14:10)
4.冨田敬大(立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構)
「モンゴル国の都市近郊における牧畜経営の再編とその要因:乳製品の生産・販売を中心に」(14:10-14:30)
コメント(小長谷有紀),質疑応答 (14:30-14:50)

(休憩;14:50-15:05)

5.牟田口 章人(帝塚山大学文学部文化創造学科)
「モンゴル共和国オラーン・ヘレム墓の彩色壁画の三次元復元と同墓内出土の絹本樹下人物図屏風の発見」(15:05-15:30)
6.烏雲高娃(東京外国語大学大学院総合国際学研究院特別研究員)
「1920 年代の内モンゴル「知識人」の民族意識について――モンゴル語の教科書編纂を中心に」(15:30-15:55)
7.ハスチムガ(宇都宮大学大学院博士課程)
「モンゴルにおける宣教師による近代衛生医療の移入の実践に関する一考察」 (15:55-16:20)
8.王長青(東京外国語大学大学院博士後期課程)
「「会盟に下した命令書」(čiγulγan-du baγulγaγsan jarliγ-un bičig)と清代初期のモンゴル法」 (16:20-16:45)

(休憩;16:45-16:55)

講演 (16:55-17:30)
バダガロフ ジャルガル(Buryat State University / ILCAA, TUFS (Visiting Professor))
「Буриад-монголоос олдсон нэгэн газрын зургийн тухай」 (16:55-17:30)

閉会挨拶 : 副会長 (17:30-17:35)

以 上

日本モンゴル学会事務局
◇ 日本モンゴル学会事務局
〒562-8558 大阪府箕面市粟生間谷東8-1-1 大阪大学大学院言語文化研究科 モンゴル語研究室内
Tel/Fax:072-730-5261, E-mail : monglstd@yahoo.co.jp
◇ 国立民族学博物館(同封の案内図参照)
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
Tel.06-6876-2151/ Fax.06-6875-0401, E-mail: yuki@idc.minpaku.ac.jp
* 会場へのアクセスには,モノレール等公共交通機関をご利用下さい.
◇ 大会終了後午後6 時から,「レストランみんぱく」にて懇親会を開きますので,会員の皆様の多数の御出席をお願いいたします.(懇親会費4,000 円,留学生は3,000 円を予定)