2022年度秋季大会案内・発表要旨

[PDF]
日本モンゴル学会
2022年度秋季大会案内

仲秋の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。会員の皆様には益々ご健勝のことと拝察いたします。
さて、本年度秋季大会を下記のとおり開催いたします。なお対面とオンラインのハイブリッド方式での開催となります。

日 時 : 2022年11月19日(土) 13時00分~17時25分
場 所 : 鹿児島大学 郡元キャンパス 共通教育棟1号館121教室
      交通アクセス キャンパスマップ(共通教育棟1号館はA-56の建物です)

内  容

総合司会:尾崎孝宏(鹿児島大学)
開会の辞 (副会長 )(13:00-13:05)

第1部 日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念基調講演
紹介・司会:白石典之(新潟大学)
バトムンフ・ツォグトバータル(モンゴル科学アカデミー考古学研究所・資料研究部長)
「モンゴル国における歴史文化遺産の保護と活用」[要旨](13:05-13:45)

第2部 研究発表
座長:萩原守(摂南大学)
1. O. バトサイハン(モンゴル科学アカデミー歴史学研究所)
「1945年から1948年まで総務省矯正施設所長を務めたタスランギーン・バボードルジ」[モンゴル語要旨] [日本語要旨](13:45-14:10)
2. 谷川春菜(早稲田大学博士後期課程院生)
「清朝統治下ハルハ=モンゴルの貨幣-フレーにおける銀と茶―」[要旨](14:10-14:35)
3. B. ブレン(北海道大学博士後期課程院生)
「吉原四郎と東部蒙古-「アジア主義」との関連に注目して」[要旨](14:35-15:00)

休憩
(15:00-15:15)

第3部 研究発表
座長:角道正佳
4. N. ハグバジャブ(東京外国語大学博士後期課程院生)
「モンゴル語の副動詞に後続する3人称所有小詞 n’について 」[要旨](15:15-15:40)

第4部 研究発表
座長:冨田敬大(神戸大学)
5. 上村明(東京外国語大学)
「新型コロナウイルス感染症のモンゴル国の移動牧畜への影響を考える」[要旨](15:40-16:05)
6. 児玉香菜子(千葉大学)
「オーラルヒストリーからみるモンゴル牧畜民女性の大都市進出過程とその背景」[要旨](16:05-16:30)
7. ウユンガ(総合研究大学院博士後期課程院生)
「ラクダの通年搾乳を可能にする飼育技術に関する人類学的研究」[要旨](16:30-16:55)
8. スルナ(千葉大学博士後期課程院生)
「モンゴル牧畜民の家畜に対する民間療法:中国甘粛省粛北モンゴル族自治県の事例から」[要旨](16:55-17:20)

閉会の辞(会長)(17:20-17:25)


◇ 大会終了後,18:30よりホテルシルクイン1F 薩摩料理レストラン悠庵にて懇親会を開きます。(懇親会費5,000円)